ログハウスを建てるならP&Bログハウスのアルファフォア@東京都あきる野市

資料請求はこちらから無料資料請求はこちらから

アルファフォアが厳選するこだわり建築材

ログ材

ログハウス材 国産杉

【国産杉】
スギ科スギ属の常緑針葉樹
学名: Cryptomeria japonica
気乾比重 : 0.38

日本固有の樹種で、本州北部から南は屋久島まで生育する。独特の芳香を放つ。成長は早く直径2mという巨木にまで成長するものもある。辺心材の境界は明瞭で、辺材は白色、心材は淡紅色から赤褐色、時に黒褐色を帯びる。木目は鮮明で通直。国産ログ材の代表的存在となっている。戦後日本各地で植林がおこなわれたが、安価な外材の流入により手付かずとなり、一時山荒れが深刻となった。アルファフォアでは、奥多摩の林業区域に生える国産スギを積極的に活用している。



【国産桧】
ヒノキ科ヒノキ属の常緑針葉樹
学名 : Chamaecyparis obtuse
気乾比重 : 0.41

日本特産種で、本州中部から四国、九州を経て屋久島に分布。柔らかな木肌、精密で美しい木目、防虫・ヒーリング効果のある芳香など優れた性質を持つ。辺心材の差ははっきりしないことが多く、辺材は淡い黄白色、心材は黄白色ないし淡紅色。風呂の材として知られているように、耐水性・耐久性も極めて高く、古くから神社仏閣などに使われてきた。ログ材としても最適だが、産出量が少ない高級材であり、使用例は限定される。
ログハウス材 国産桧


ログハウス材 米松
【米松】
ダグラスファー Douglas fir
マツ科 Pseudotsuga 属の針葉樹
学名 : Pseudotsuga menziesii
気乾比重:0.53
北米大陸の西部に広く分布。ハンドカットのログ材として最もポピュラーな樹種。流通量が多く品質は安定しているとされる。辺心材の区分は明らかで、辺材は白から淡黄色。心材は橙赤色から赤褐色を呈する。年輪は鮮明。和名はベイマツだが、これは日本の松に質感が似ているためついた名前で、実際はトガサワラ属。高さ100m、直径180cm以上にまで成長する。


【米杉】
ウエスタンレッドシーダー Western redceda
ヒノキ科 ネズコ (Thuja) 属の針葉樹。
学名 : Thuja plicata D.Don.
気乾比重:0.35
ヒノキ科の樹木で、北米の太平洋岸に沿って分布。米国産のスギではなく、日本のネズコと同類。心材の色は濃い赤色で、部分的に黒ずんだ黄褐色が現れることもある。やや軽軟だが、耐久性があり加工がしやすい。用途は、屋根板、外壁、造作など建材全般。日本では集成材に使われたり、天井の板に使われたりする。
ログハウス材 米杉


資料請求をご希望の方はこちらから。
アルファフォアのP&Bログハウスについての情報が満載です。
資料お申し込みはこちら! / P&BログハウスTOPへ

ログハウスのアルファフォア

東京都多摩地域を活動拠点とするログハウスメーカー「株式会社アルファフォア」のホームページです。